WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

展開先は入間…ではなく百里

2019-10-10 JASDF Iruma Air base (RJTJ)
JASDF Kawasaki T-4 Blue Impulse
Canon EOS 5D MarkⅢ + Canon EF300mm F2.8L IS II USM + Canon EXTENDER EF1.4×III
1/2000sec F6.3 ISO200
Adobe Photoshop Lightroom Classic 11.5


 先週末の10月1日、第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」にてブルーインパルスが祝賀飛行を行いました。

 国体開会式でブルーインパルスが飛行するのは既定路線なのでそれはいいのですが、今回気になったのは展開先の基地。

 ブルーインパルスが拠点とする宮城県東松島市に所在する松島基地からD2形態であればダイレクトで飛べない距離ではないのですが、今回は中継先として百里基地が選定されました。

 2019年の茨城国体は自県開催で例外として、関東圏のイベントで中継先として選ばれるのは基本的に埼玉県の入間基地です。ブルーと同じT-4練習機を運用する中部航空方面隊司令部支援飛行隊を擁し、支援が受けやすいという理由もあるのかと思います。会場が所在する宇都宮までの距離を考えても、入間で特段の支障はなかったと思います。

 それにブルーインパルスが展開した前日の9月30日は、ドイツからのお客さんが百里に展開しており、基地内はバタバタだったことは想像に難くありません。

 そんな状況にあっても敢えて入間ではなく、百里が選ばれた理由。やっぱり例のカラースモーク問題が尾を引いている気がしてなりません。

 今年3月の西武球場における展示飛行の際は通常通り入間基地に展開していたため、正直楽観的に考えていたのですが…

 今年の入間航空祭にブルーが来ないことも考えると、しばらく入間基地でブルーインパルスを見るのは難しそうかなと。百里に比べて格段にアクセスしやすい基地なので非常に残念です…

 あともう一つ気になったのは、ブルーインパルスのタンク有無。

 松島基地での訓練の様子を見ていると、西九州新幹線開業イベントからの帰投後、タンクそのものは外されたものの、パイロンは残置されたまま、飛行訓練を実施していました。

 そのためてっきり事前訓練前日くらいに再度タンクを取り付けて、松島からのダイレクトで国体での展示飛行に臨むのかと思っていたのですが、まさかの展開前日にパイロン撤去。百里での受け入れ可否がギリギリ決まらなかったのか、それとも別に何か理由があったのか。謎は深まるばかりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。